もう一度彼女に会いたい…卒業式の思い出

日々のこと - - こゆり
JUGEMテーマ:日記・一般

もう、20年以上も昔のことです。

中学の卒業式に、卒業を分かち合い、おしゃべりなんかをしながら。

一緒に出たかった友達がいました。

彼女とは、小学生からの同級生で、何度か、クラスメートになりましたが。

いつも一緒にいるような仲良しさんでもなかったけれど。

時には一緒にお話したり、遊んだり…普通のありきたりな『友達関係』でした。

だけど、クラスの中には、彼女のことさえ知らない子もいたし。

名前はわかるけど、話したことがない子もいました。

そんな状況の中で、担任の先生はある決断をしていました。

彼女をクラスメートと一緒に卒業させてあげたい。

PTAや他の先生方の許可を取り、彼女は晴れて卒業式に参加できました。

しかし、卒業式当日、うちのクラスの入場の時に、会場がざわつきました。

彼女は、女子の1番前…の子がかかえてくれた写真の中。

当時は前代未聞だったのかもしれません。

もう…。

彼女とおしゃべりもできません。

彼女と手をつなぐこともできません。

なにもかも、不可能となってしまっていたのです。

でも、写真の中の彼女は、とっても幸せな顔で笑っていました。

一緒に卒業できてよかったね。

卒業式の前、彼女を知る女子たちが集まって、声をかけてあげました。

たった15歳で旅立ってしまった彼女。

彼女と遊んだ日々が走馬灯のように思い出された卒業式。

いまでも、色あせることなく永遠に刻み込まれています。
無料ブログ作成サービス JUGEM